全国の介護事業者向けの採用力・マネジメント力向上プロジェクト「CHANT」がはじまります。

“ちゃんと人材採用して、ちゃんと人材育成しよう!”

なかなか採用が上手くいかない。
人が入ってもすぐに辞めてしまう。
目の前の介護に精一杯で、組織の課題は後回し。

ただ、そうも言ってられない時代が来た。
人材不足が社会全体に広がり、激化していく人材獲得競争。

介護の世界でよい人材を採用し、
育てていくことは、ますます難しい。

でも、私たちが諦めてしまったら、
たくさんの笑顔と暮らしが失われてしまう。

挑み続けるか。歩みを止めて諦めるか。
挑むと決めた介護事業者の採用・育成を
応援するプロジェクトCHANTが、はじまります。

今こそ、人材採用と人材育成にちゃんと向き合い、
共に高めあっていこう。

 

2019年9月より介護事業者向けの採用力・マネジメント力向上プロジェクト「CHANT」をスタートいたします。本プロジェクトでは、介護事業者の採用力の向上を目的とした「採用実践力向上プログラム」と、介護管理者向けのマネジメント力の習得を目的とした「マネジメントスタンダードプログラム」の2つの研修プログラムを実施いたします。

 

 

採用実践力向上プログラムでは、採用活動に必要な基本的な視点を習得し、自社の採用したい人材に合わせた採用施策を考えるための実践力を磨きます。プログラムは全5回、理論と実践を交互に繰り返し自社の目標や課題に即した採用計画力・実践力の向上を目指します。

プログラムは9月12日から東京での開催がスタート、10月から大阪、金沢、福岡の全4都市での開催が決定しています。

 

プログラム詳細はこちら

 

 

MSP(Management Standard Programme for Kaigo)とは、介護の現場に必要とされている「マネジメントの原理原則」を習得し、マネジメント力を身につけ、介護現場全体の力を高めるための研修です。

本プログラムは、VRを用いて介護現場で起こり得る困難事例を管理職の視点で体験します。VRによる一人称での体験は、座学に比してより自分事として落とし込めるという利点があります。

本研修において、心理的安全性のある職場づくり、職員のケアの質の向上・離職防止等を推進していくための手法を学んでいただきます。

10月13日の東京開催を皮切りに、北海道・沖縄を含む全国12か所で実施します。

 

プログラム詳細はこちら

 

全国の介護事業者の皆さんからのご応募、心よりお待ち申しあげます。

お知らせ一覧を見る